学生広報スタッフブログ

2022/11/30

むさしのいろは~学生広報スタッフだより#62~

みなさんこんにちは♪

学生広報スタッフ英文学科1年の栗栖です!

私は今、イギリスのウェールズにあるバンガー大学で約3ヶ月間短期留学をしています!

そこで今回は“むさしのいろは”を通して、イギリスから3回に分けてリアルな留学情報をお届けしたいと思います。
今回はその第一弾ということで「私のイギリス留学生活」をご紹介していきます!

前半3週間では、フィールドトリップでコンウィ城やペンリン城、スランディドノなど沢山の場所を訪れ、イギリスの文化や歴史について理解を深めることができました。

フィールドトリップで訪れたペンリン城

 

 

その3週間のプログラムが終了後、本格的に授業が始まりました。

授業風景
授業風景

 

日によってタイムテーブルが異なるのですが、基本的に授業は9時から15時までで、武蔵の学生と一緒に授業を受けます。

内容は主にreading,listening,writing,speakingの4技能の他、イギリスの文化や歴史を学べる授業があり、テストはmidterm exam(中間テスト), endturm exam(期末テスト)と帰国前のIELTSの3つのテストがあります。

授業の中でIELTS(※)に向けての対策もしっかり行なわれるので実践的な英語力を身につけることができます。

※IELTS・・・米国、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、および英国を含む英語圏の国々に留学、就労または移住を希望する人々の英語力を測定する、ハイステークスの英語試験。

 

授業はオールイングリッシュで行われるため、初めは英語を聞き取ることで精一杯でしたが、段々と耳が慣れて積極的に授業内でも発言することができるようになりました。
また、1500ワードのエッセイ、週一回の英語でのプレゼンテーションやディベートを通して、視野を広げながら英語のスキルを磨くことができていると感じています。

さらに、毎週火曜日の授業終わりにJapanese societyというバンガー大学の日本文化サークルに参加しています。
私はこのサークル活動を通して現地の学生と知り合うことができ、休日には一緒にドライブや海、カフェに行って長時間語り合えるような友人に出会うことができました!

 

休日のドライブやおしゃべりも留学の楽しみの一つ

 

 

言語も文化も持っているバックグラウンドも違うけれど、年齢が近いからこそ共通の話題も多く、すぐに打ち解け合うことができました。
私にとって友人と過ごした時間は何にも変えられない宝物です。
残り2週間で帰国ですが、最後の最後まで友人との思い出作りも大切にしたいと思います。

 

出会った仲間は一生の宝物

 

第1弾「私のイギリス留学生活」いかがでしたか?
このブログをきっかけに皆さんが武蔵の留学制度に興味を持っていただけたら幸いです。
寒さも厳しくなってくる頃ですので、どうぞお体に気をつけてお過ごしください(^^)