北海道武蔵女子短期大学

北海道武蔵女子短期大学 開学50周年

開学50周年を迎えて

学校法人北海道武蔵女子学園理事長 篠田 泰伸

本学は、昭和42年に武蔵大学のすぐれた学風をもとに北海道の地において女子の教育を実施したいという有志の念願のもと、当時全国でも独特な教養学科一学科の短期大学として創立されました。その後、昭和49年に英文学科、平成7年に経済学科を設置し現在に至っております。
本学は、創立以来、教養教育と職業教育の融合を建学の精神とし、教育理想には、

  • 真理を求めいつくしむ知性ある女性
  • 愛に生き信念に生きる気品ある女性
  • 人類文化の発展に尽す意欲ある女性

の三つを掲げ、女性の持つ美徳の涵養を心がけながら、社会のニーズに積極的に応えていくことのできる教養豊かな現代女性の育成を目標とし、開学より今日まで努力してまいりました。そして、本学は今年でいよいよ開学50周年という大きな節目を迎えます。卒業生の数は1万8000人を超え、社会においてさまざまな分野で活躍しております。
なお記念として、今年はいくつかの50周年記念事業を予定しております。この50周年記念事業を通して、大きな節目を皆様とともに祝い、またこれをステップとして、これからも皆様とともに更に飛躍していきたいと祈念しております。
最後になりますが、今年の開学50周年を機会として、同窓生・保護者の皆様、高校の皆様、企業の皆様、ほかご支援いただいた多数の皆様には改めて深く感謝申し上げますとともに、本学といたしましては、経営基盤のさらなる安定を図り、これからも地域社会の発展に寄与していく所存でございます。どうぞ皆様におかれましては、今後とも本学へのより一層のご理解・ご支援のほど宜しくお願い申し上げます。

開学50周年記念ロゴマーク

北海道武蔵女子短期大学開学50周年記念ロゴマーク

開学50周年を迎えるにあたり、記念の年のシンボルとしてロゴマークを制定いたしました。このロゴマークは、在学生及び同窓生からデザイン案の公募を行い、最優秀賞に輝いた教養学科卒業生田島優子さんのデザイン案を基に作成いたしました。このロゴマークは、今年1年間、様々な場面において利用していきます。

なお、デザイン公募に関しましては、多数の在学生及び同窓生の方々からご応募をいただきました。ご応募いただいた皆様にこの場を借りて改めてお礼申し上げます。

ロゴマーク作品意図(原案:田島優子さん)
武蔵の三つの教育理想「知性・気品・意欲」を三重になっている数字の「0」により表現しました。さらにこの三重の「0」は、卒業生・在学生・未来の学生を意味しており、さらに本学の歴史、現在のたゆまぬ努力、これからの活躍の象徴となっています。色は、学校花ライラックからの引用でパープルの濃淡を使っていますが、数字は「5」の一部がライラックの花房の形状に分かれ、まるで数字が変形していくようにも見せることで、今回の50年がゴールではなく、さらに形を変え、新たなステージである未来へ羽ばたいていくものであることを表現しました。

ロゴマーク制作にあたっては、コミュニケーションデザイナー山中 緑 氏(本学教養学科卒業生)の監修を得ています。
ロゴマークの著作権は学校法人北海道武蔵女子学園に帰属します。事前に本学園の許可を受けずに、複製、改変、転載等の行為はされないようお願いいたします。

北海道武蔵女子短期大学開学50周年記念事業

本学では、開学50周年記念として、以下の記念事業を行っていきます。

01特別講演会
演題:「知慮と知恵 ― 大学で何を学ぶか」
講師:猪木 武徳 氏(大阪大学名誉教授)
猪木氏は、平成28年1月に皇居で開催された「講書始の儀」において、天皇・皇后両陛下と皇太子殿下をはじめとする皇族の方に「技術と労働と生産性の関係について」を御進講されております。ご専門の経済思想、労働経済学以外にも幅広い知見を有されている猪木氏には、『経済思想』(岩波書店)、『自由と秩序-競争社会の二つの顔』(中央公論新社)などとともに、『文芸にあらわれた日本の近代-社会科学と文学のあいだ』(有斐閣)、『大学の反省』(NTT出版)ほか、多数の著書があります。また、サントリー学芸賞、読売・吉野作造賞、桑原武夫学芸賞なども受賞されております。
日時:平成29年7月1日(土)
開場 13:30   開演14:00
会場:札幌市教育文化会館(場所:札幌市中央区北1条西13丁目)
定員: 300名
※どなたでもご参加いただけます。
参加希望者はメールまたはFAXで以下申込先までお申込みください。
※お申し込みの際は、氏名、郵便番号、住所、電話番号を明記してください。
※卒業生の場合は、卒業年及び卒業学科もお知らせください。
<申込先>
メール:50koen@hmjc.ac.jp
FAX:011-726-3144
02キャンパス整備工事
キャンパスの美観と構内通行の安全性の向上を図るために正門から校舎にかけての舗装等整備工事を行います。
工事期間は夏季休業中を予定しています。
03特別公開講座
詳細が決まり次第ご案内いたします。
04ホームカミングデー
日時:平成29年10月7日(土)   時間未定
会場:本学3号館5階 食堂
大学祭開催と合わせてホームカミングデーを開催いたします。同窓生の皆さんが久しぶりに大学に集まり、大学祭を楽しみながら旧交を温める場としていただけたらと思います。軽食やお飲み物も用意しております。仲間同士誘い合ってぜひお越しください。ご家族・知人を伴っての参加も歓迎いたします。
05図書館員のリカレントプログラム
毎年夏に実施している図書館員のためのリカレントプログラムについて、今年は50周年記念特別版として、以下の内容で開催いたします。
テーマ: 「魅せる図書館づくり」
日 時: 平成29年8月28日(月) 9:40 ~ 16:20
会 場: 本学 333教室
内 容:
Ⅰ 基調講演:「図書館について学ぶこと」
講師 竹内 悊(さとる) 氏(元日本図書館協会理事長)
Ⅱ 情報交換会
昼食をとりながら参加者同士交流を深めます。
※ 本学でお弁当を用意します(昼食持参もOKです)。
※ 名刺を必ずご用意ください
Ⅲ 事例報告:「私が成してきた魅せる図書館づくり」
〈報告者〉
吉田 真弓 氏(帯広大谷短期大学特任教授・前帯広市立図書館長)
松永 伊知子 氏(前根室市図書館長)
内藤 和代 氏(恵庭市教育委員会教育部次長・前恵庭市立図書館長)
Ⅳ グループ演習:「魅せる図書館のアイデアづくり」
受講料等の詳細情報及び申込方法は、以下のチラシをダウンロードしてご確認ください。
PDFチラシ
WORD申込書
PDF申込書
06記念式典・祝賀会
北海道武蔵女子短期大学開学50周年記念式典及び祝賀会に関して、以下のとおり開催いたします。
記念式典
日時:平成29年10月28日(土) 17:00~
祝 賀 会
日時:平成29年10月28日(土) 18:00~
会場は、記念式典、祝賀会とも札幌プリンスホテル国際館パミール